電熱グローブ購入

電装系パーツ

遂に電熱グローブを購入した!

その前に、25年位前になるが、当時新宿アルタの4階か5階にミリタリーショップがあり、
かみさんが誕生日プレゼントでくれたのがこちら↓↓↓
 
L-2Bフライトジャケットだが、ジッパー部分が破損してしまい、今回ジッパーだけを
MASHオンラインストアで購入して、修理は近所のマジックミシンに依頼してみた。
 
ジッパーは2500円+送料で、修理費は11,110円とのことで、しかも1ヵ月以上掛かりますと言われたが、思い出の品物なので修理をお願いした。
冒頭の写真が修理から上がって来たモノだ。良い出来栄えで満足しました。
さて、本題の電熱グローブですが、本日2りんかんへ行き、安売りしている商品を見つけたので、思い切って購入してみた。

電熱グローブは2種類の電源があり、小型モバイルバッテリーを使用するタイプと、車両バッテリーから12Vの電源を利用するタイプだが、今回は車両バッテリーから電源を供給してもらうタイプを購入した。

実は、2りんかんで販売されている「TAICHI」製の電熱グローブだが、最新式の製品は12V車両電源ケーブルの販売は中止されている。今回購入したのは昨年のモデルでした。
しかも、今年度製品は17,800円の半額で売られていた(府中2りんかん)
店員に事情を聞いたところ、今年度の車両バッテリー供給型製品は腰の部分でバッテリーからのコードとグローブから延長されたコードを繋ぐのだが、すぐに外れてしまうらしく、重大事故に繋がる恐れがあることから、販売を中止したらしい。
今回買った商品はかなり値引きされている上に、接続部分も問題ないそうです。

グローブとケーブル合わせて定価では20,900円だがセットで15,800円(税込)でした。

付属品は車両に接続するケーブルやヒューズ類とグローブ側のケーブルとクリップが2つ、インナージャケット用のケーブルが1つ梱包されていました。

早速車両に接続してみます。

昨日、ソーラーチャージャー用のケーブルを外したばかりだった(笑)

ケーブルの先端から下側が蛇腹のように伸びる仕様になっている。

使用しない時はシートの下に収納しておくことにする。
今回は接続試験をするため、ケーブルを出している

エンジン始動後に、グローブのボタンを2秒以上押すとスイッチが赤く点灯して、直ぐに熱が伝わってきた。熱い熱い・・・こりゃスゲーわ!!
真冬のツーリングでグリップヒーターだけでは辛いので、最強のアイテムとなった。


但し、腰の部分とグローブからのケーブルの取り回しを考えないといけないと思った。
ケーブルは余長部分がかなりあるので、垂れ下がりを防止するクリップに通す必要がある

しばらくシートバックを外していたが、元に戻してみた

来週はプラザに1年点検で預ける予定

この1年事故も立ちゴケもせず、無事に過ごせました~

電装系も充実している

カウルも機能性も見た目も合格点

やっぱり欲しいのはメンテナンススタンドかな~チェーンの掃除とか便利そう。

Follow me!

コメント

  1. 番長 より:

    ファスナーの修理が1万円を超えるとはびっくり‼️
    高いんだな〰️

    電熱グローブは釣りに使えないの?(笑)

  2. kennykenny より:

    バッテリーに繋げれば使えそうだけど、汚したくないね(笑)
    コーナンで8800円の電熱グローブ(モバイルバッテリータイプ)が売っていたので、釣りにはそれが良いかも!

PAGE TOP